1日目は愛媛県宇和島市の
㈱徳弘水産さんの鯛の養殖を見学へ。

天然を超える鯛の養殖に成功された
徳弘多一郎社長の情熱に触れました。
名言は「褒めて育てる」です。

昼は宇和島名物の鯛めし、夜はふぐ料理。
徳弘水産社長のご厚意で鯛一郎くんも頂きました。

宇和島藩七代藩主・伊達宗紀公が築園した天赦園を見学。
城山にある宇和島城にものぼりました。
お宿は、100年以上の歴史のある木屋旅館。
宇和島市所有の登録有形文化財で、
座敷童に会えるお宿としても有名。

趣深い日本家屋なのに1階と2階の間の床が透明という
面白い体験ができました。

以上はすべて四国税理士会の先生のご紹介です。ありがとうございました。

2日目は、今治タオル美術館を見学。
良質なタオルの製造過程を見学。
その後、加計学園建設現場を見て、
しまなみ海道を、台風18号の本格的な暴風雨の中、
バスで橋を渡り、大山祇神社へ。

そこで杉田事務所開設時の職員さんで、
瀬戸の花嫁として大三島に嫁いだ田橋さんと涙の再会
(涙は先生だけ?)

その後も横揺れにハラハラしましたが、
愛媛のバスガイドさんの元気に励まされ、無事に完走!

先生、素敵な旅をありがとうございました♪(HP担当)